Aquisições da Biblioteca

Confira abaixo as aquisições da biblioteca em ordem cronológica.

やんちゃなマルキーニョ

著者ジラルド(作)
松本乃里子(訳)
東京、静山社、2009年. 104 p.
内容紹介

内容紹介
ブラジルで250万部のロングセラー絵本「O menino maluquinho」の日本語訳。のびやかな子ども時代は一生のたからもの。はずむような絵のタッチ、目をみはる展開。やがてその向こうに、何よりも大切なものが見えてくる。親子で読みたい一冊。
著者紹介
ジラルド
1932年、ブラジル(ミナス・ジェライス州)生まれ。漫画家、児童文学者、 ジャーナリスト、劇作家。17歳から新聞誌上で作品を発表。絵本の著作は170冊を超える。日本では2006年NHK日本賞 で実写版ドラマ「ヤンチャぼうや・ぼくがなべをかぶったわけ」(邦題)が最優秀番組に選ばれている。

1Q84 BOOK 1

村上春樹(著)
東京、新潮社、2009年. 554 p.
内容紹介

内容紹介
「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。書き下ろし長編小説。心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこに別の世界を作り上げていく。1949 年に、ジョージ・オーウェルは、近未来小説としての「1984」を刊行した。そして2009年、「1Q84」は逆の方向から1984年を描いた近過去小説 である。そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、 ちょうど同じように。
著者紹介
村上春樹(むらかみ・はるき)
1949年、京都府生まれ。早稲田大学文学部卒業。1979年、「風の歌を聴け」 でデビュー、群像新人文学賞受賞。主著に「羊をめぐる冒険」(野間文芸新人賞)、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」(谷崎潤一郎賞受賞)、「ねじまき鳥クロニクル」(読売文学賞)など。訳書も多数。(*「1Q84 BOOK 2」と「1Q84 BOOK 3」も蔵書あり)

鷺と雪

北村薫(著)
東京、文藝春秋、2009年. 261 p.
内容紹介

内容紹介
第141回直木賞受賞作の短編推理小説。昭和初期の北日本を舞台に、裕福な家庭に生まれ育った女学生・花村英子と、お抱え運転手のベッキーがさまざまな事件の謎を解く連作ミステリーの完結編。
著者紹介
北村薫(きたむら・かおる)
1949年、埼玉県生れ。早稲田大学第一文学部卒業。大学在学中はミステリー・クラブに所属。高校で教鞭を執りながら、84年、創元推理文庫版日本探偵小説 全集を編集部と共同編集。89年、「空飛ぶ馬」でデビュー。91年「夜の蝉」で日本推理作家協会賞受賞(*本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されて いたものです)

蒼穹の昴1

浅田次郎(著)
東京、講談社、2004年. 377 p.
内容紹介

内容紹介
汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう―中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を通じ、科挙の試験を受ける幼なじみの 兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。万人の魂をうつべストセラー大作。 これを基にしたテレビドラマ化された。
著者紹介
浅田次郎(あさだ・じろう)
1951年東京都生まれ。1995年「地下鉄に乗って」で吉川英治文学新人賞、1997年「鉄道員」で直木賞、2000年「壬生義士伝」で柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞する(*「蒼穹の昴2」と「蒼穹の昴3」蔵書あり)

ヘヴン

川上未映子(著)
東京、講談社、2009年. 248 p.
内容紹介

内容紹介
衝撃的感動!芥川賞受賞後初の傑作長篇。12万部突破。
「苛められ暴力を受け、なぜ僕はそれに従うことしかできないのか」頬を濡らすあてのない涙。14歳の苛めを正面から描き、生の意味を問う、哀しくも美しい物語。
著者紹介
川上未映子 (かわかみ・みえこ)
1976年8月29日、大阪府生まれ。2007年デビュー小説『わたくし率 イン歯ー、または世界』(講談社)が第137回芥川賞候補作に。 同年第1回早稲田大学坪内逍逍遙大賞奨励賞受賞。 2008年、『乳と卵』(文藝春秋)で第138回芥川龍之介賞を受賞。 2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』(青土社)で第14回中原中也賞受賞。 随筆集に『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』(ヒヨコ舎)がある。