Simposio Nihongo

Simposio Nihongo

最新情報  |  INFORMAÇÃO NOVA

 

プログラム

プログラムはこちらからダウンロードできます。

  • 「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」(松田真希子:金沢大学)
  • 「日系社会実態調査」(細川多美子:人文研)
  • ブラジル、ボリビア、パラグアイの日系コロニア地域での日本語教育
  • JICA、ブラジル日本語センターの活動紹介
  • 公募によるポスターセッション、機関紹介、活動紹介

 

 

8月5日をもちまして参加者登録を締め切りました。

おかげさまで100名を超える人に関心を持っていただけました。
たくさんの応募ありがとうございました!!
まだ、若干、席に余裕がありますので、参加希望がありましたら、
mayumi@fjsp.org.brまでご連絡ください。

 

Encerramos as inscrições no dia 5 de agosto (sábado).

Obtivemos mais de 100 inscrições. Agradecemos a todos pelo interesse neste evento.
Ainda há algumas inscrições à disposição.
Aos que ainda desejam se inscrever, favor enviar um e-mail para mayumi@fjsp.org.br.

 

• 宿泊施設について / HOSPEDAGEM

以下のホテルにお泊まりの方にはシンポジウム特別価格が提供されます。

予約はreservas@nikkeyhotel.com.brまで。件名に“Reserva-Fundação Japão”と書いてお送りください。
英語とポルトガル語で対応可能です。

Aos participantes do simpósio haverá uma tarifa especial na diária do seguinte hotel
Para obter o desconto, escreva um e-mail para reservas@nikkeyhotel.com.br, com o título “Reserva-Fundação Japão”.

 

NIKKEY PALACE HOTEL (www.nikkeyhotel.com.br)

• Categoria LUXO:
– Single: R$ 173,00
– Twin: R$ 220,00
– Triple: R$ 252,00

• Categoria SUITE MASTER:
– Single: R$ 228,00
– Twin: R$ 228,00
– Triple: R$ 262,00

• Categoria SUITE PREMIUM:
– Single: R$ 252,00
– Twin: R$ 252,00
– Triple: R$ 290,00

 

• 参加登録期間を延長しました。

申込締め切りは8月5日(土)です。
なお、定員は150名です。定員に達した時点で申し込みは締め切らせていただきます。

A data de encerramento das inscrições é 5 de agosto de 2017 (sábado).
Informamos também que o número máximo de participantes é 150 pessoas. Ao atingir este número, encerraremos as inscrições.

 

 

共催

① 国際交流基金サンパウロ日本文化センター

②「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」(H28-32科学研究費補助金基盤研究B) 研究チーム(代表:松田真希子金沢大学)

協力:人文研、国際協力機構、ブラジル日本語センター、サンパウロ大学日本語・日本文学・日本文化大学院プログラム

日時:2017年 8月 25日(金)~  27日(日)

場所:サンパウロ日伯援護協会 (神内ホール)   Rua Fagundes, 121 – 5º andar, Liberdade / São Paulo – SP

言語:日本語(ポスターセッションは日本語・ポルトガル語)

 

テーマ

南米における日本語教育の現在と未来・日系社会のポテンシャル

南米諸国の日本語教育は、日系移民子弟への日本語教育から始まり、日系社会を基盤とした日本語教育は世界でも稀にみる言語・文化環境にある。日系社会には、世代を経るにつれ日本語環境にポルトガル語/スペイン語が加わり、さらにグローバル化が進む中、英語等の外国語が言語レパートリに加わるなど、非常に多様な多言語使用者が存在する社会である。さらに近年では、日本への出稼ぎから帰ってきた、若い世代の「日本語ネイティブ」が、日系社会の言語的・文化的状況に大きなインパクトを与えている。また、日本語教育全般を見ると、日系人以外の学習者が増え、日本語社会には様々な人間が参加している。海外において、これほどの数、質、多様性を伴う日本語使用社会は稀有であり、南米の日本語教育の考える際、これら南米の言語・文化資源を考慮し、現代社会に生きる複言語使用者のありかたを考える必要がある。

本シンポジウムは、日本、ブラジル、ボリビア、パラグアイから発表者を募り、今後の南米日本語教育の未来について考えたい。

 

基調講演

モラレス松原礼子(サンパウロ大学)「大学が日本語教育のために何ができるか」

細川英雄(早稲田大学)「「日本語人」という生き方-ことばによって人は何をめざすのか」

 

ポスターセッション発表者募集   (申し込みは締め切りました。)

本シンポジウムではポスターセッションの時間を設け、自由な情報交換の時間を作りたいと思います。研究発表だけでなく、機関紹介、活動紹介など、南米の日本語教育の実情がわかるようなカテゴリーも設けました。

 

問い合わせ先

国際交流基金サンパウロ日本文化センター

福島青史  fukushima@fjsp.org.br

吉川・一甲真由美エジナ mayumi@fjsp.org.br

 


 

INSCRIÇÃO PARA SESSÃO DE PÔSTERES   (As inscrições para esta sessão já se encerraram.)

Neste simpósio, haverá um horário para a apresentação de pôsteres e troca de informações entre os participantes. Criamos também uma categoria para apresentações sobre instituições de ensino de língua japonesa, atividades e situação do ensino de língua japonesa na América do Sul, além das de pesquisa.

 


 

Informações:

Fundação Japão em São Paulo
Seiji Fukushima: fukushima@fjsp.org.br
Mayumi Edna Iko Yoshikawa: mayumi@fjsp.org.br
Tel.: 55 (11) 3141-0110