日伯交流ファシリテーター養成プロジェクト – 竹がつくる村おこし –

[PORTUGUÊS]

 

 

国際交流基金の「次世代リーダーズセミナー」は日本とブラジルに共通するテーマを取り上げ議論するなかで、両国の交流の架け橋となるファシリテーターを養成を図るプログラムである。。その第一回目となる本プロジェクト「日伯交流ファシリテーター養成プロジェクト -竹がつくる村おこし-」では、サステイナビリティとソーシャルデザインの観点から、自然保護とコミュニティの活性化に対する意識の向上をテーマにとりあげた。

国際交流基金サンパウロ日本文化センターが、バウルー近郊の農地改革集落「Horto de Aimorés」の竹職人が所属する農業生態協会「Viverde」とその活動を支援しているサンパウロ州立大学(以下、UNESP)の「ProjetoTaquara」と提携して実施した。現地では竹の商品開発及びその生産工程に数年前から職人たちの能力向上のための活動が行われているが、組織的な課題もあり職人たちが完全に独立するまでには至っていない。

そこで今回は、次世代のファシリテーター候補として、サンパウロ州のサンパウロ市やソロカバ市、バウルー市から様々な分野で活躍する12人の若者を選び、彼らが「農業生態協会Viverde」などの現場を訪問し、それぞれの観点から竹を使ったコミュニティー形成について新たなアイディアを紹介しあうことで、「農業生態協会Viverde」協会の発展に貢献することが期待された。

今回のプロジェクトは、理論と実践の二部構成で実施した。理論の部では12人のファシリテーター候補が体系的に知識を得られるよう、「農業生態協会Viverde」とサンパウロ州立大学の「ProjetoTaquara」を訪問(現場視察)し、その後竹の用途に関する講演を聞くことで竹の持つ多くの可能性に触れた。そのうえで相互に意見交をおこない、最後に竹を使ったコミュニティー形成についてそれぞれのアイディアの発表を行う円卓会議を行った。

第2部の実践の部では、日本から竹を使ったインスタレーション「竹あかり」の演出制作プロデュース会社CHIKAKEN代表の三城賢士氏を招き、実際に「竹あかり」を作るワークショップを実施した。そしてそのワークショップで完成した作品を使って「竹あかりフェスティバル」をサンパウロ州立大学内で実施した。

周辺企画として日本からお招きした竹の研究者であり自称「愛竹家」橋口博幸氏が、バウルーのSESCで一般市民を対象とした「竹の多様な用途」をテーマに講演会を実施した。

 

ボタンをクリックして事業内容を見てみよう!

 

 

動画もあります!

     

 

PDF版では参加者のコメントやこのHPに含まれていない情報もありますので、確認してみてください!

[見開きページ]    [単ページ]

 


円卓会議

主催: 国際交流基金サンパウロ日本文化センター / Unesp Bauru – FEB Unesp
協力: Sesc – Unidade Bauru e Clube Cultural Nipo Brasileiro – Bauru
コーディネーター: Silvia Sasaoka
ファシリテーター: Kyoko Hirano e Silvia Sasaoka
感謝: Prof. Luttgard de Oliveira Neto, Sérgio Ishikava, Shozo Nakamine, Kyoko Hirano, Etsu Munhoz e Associação Agroecológica Viverde.

日伯交流ファシリテーター
– 藤井勇人
(隈研吾建築都市設計事務所ブラジル担当室長)
– Leonardo Inomata (弁護士・ブラジル日本青年会議所(JCI Brasil-Japão)求人部長)
– Murilo Furlan Mellio (サンパウロ大学大学院修士課程生日本文化・文学・言語専攻)
– Mateus Gambaro Ramos (SMART CAMPUS FACENS(ソロカバ工業大学)所属)
– Rafaela Yumi Tanaka (サンパウロ大学建築都市計画学部)
– Gabriel Fernandes dos Santos (UNESP大学院博士課程商品開発専攻)
– Eduardo Miguel (設計エンジニア)
– João Victor Gomes dos Santos (UNESP大学院博士課程デザイン・人間工学准教授)
– Laura Camargo Ribeiro da Silva (デザイナー、フォトグラファー)
– Anderson Augusto Fabri (建築学学部生/Angico do Cerradoコミュニティ協会所属/家具職人・建具職人)
– Cibele Mion (SESCバウルー文化ファシリテーター)
– Amy Maitland (デザイナー)

講演者
– Marco Antonio dos Reis Pereira
(博士 / UNESP工学部バウルーキャンパス機械工学学科)
– Danilo Candia Barbosa (CARBONO ZERO社代表ディレクター)
– 三城賢士 (竹あかり演出家 CHIKAKEN 代表)
– いしづ あきこ (料理研究家/管理栄養士/フードコーディネーター/得意:日本•ブラジル 家庭料理)

特別参加
橋口博幸 (竹文化研究家(愛竹家)、ライター)

 

竹あかり ワークショップ

主催: 国際交流基金サンパウロ日本文化センター / Unesp Bauru – FEB Unesp
協力: Laboratório Didático de Materiais e Protótipos – LDMP, Faac Unesp Bauru, Clube Cultural Nipo Brasileiro – Bauru
コーディネーター: Silvia Sasaoka
ワークショップ: Kenshi Mishiro
アシスタント: Hiroyuki Hashiguchi
協力者: Gabriel Fernandes dos Santos, João Victor Gomes dos Santos, Rafael M. Sette, Túlio Sacchi dos Santos e Laura Camargo Ribeiro da Silva

 

講演会 竹の用途の多様性

主催:国際交流基金サンパウロ日本文化センター
協力: SESC – Unidade Bauru
講演者: 橋口博幸 (竹文化研究家(愛竹家)、ライター)