徳丸十盟 (尺八)

Português | English | Español

 

 

国際交流基金により実施される「お城から音楽を」プロジェクトの第一回目の演奏会は日 本の尺八奏者、徳丸十盟による「尺八(竹から作られた日本の伝統管楽器)」に捧げられる。

この 5 つの穴を持つ素朴な楽器は「雅楽」と呼ばれる宮廷音楽とともに日本に導入された。

雅楽は日本の伝統音楽の一種であり、また、管楽器、弦楽器、打楽器で構成される宮廷楽 団でもある。雅楽は何世紀にもわたり京都御所で演奏されてきた。

雅楽は歌、宗教的な舞と満州南部の朝鮮半島北中部に位置する韓国の古代王国であった高句 麗の「国風歌舞」と呼ばれる神道の原始的民俗芸能の舞から成る。

日本へ導入した雅楽は、日本社会を変えた稲作の新技術や仏教など一連の中国文化と同じ 時期に中国を経由して日本へ発展した。

 

尺八

尺八は雅楽の管楽器のひとつであり、一般的な長さは 1.8 尺(1 尺=30 ㎝)である。厚い断面を 持つ非常に硬い竹、「真竹」が使用されている。これらの特徴が音の質と深みを尺八に与えている。

標準の音階は「レ」のペンタトニックスケール、すなわち、「レ」、「ファ」、「ソ」、「ラ」、「ド」の 5 音であ る。更に、吹口の角度と指の配置を変えることで別の音階を奏でることが可能。また、異なる音の 高さでペンタトニックスケールの同じ音域を生み出す長さが異なる様々な種類の尺八も存在する。

 

 

尺八の楽曲には一般向けに公開演奏されなかった宮廷楽曲のほか、奈良時代(七世紀)に尺八 に向けて作曲されたものも存在する。尺八は儀式 また、禅宗の一環として日本において普化宗 で演奏された。籠のような深編笠をかぶる虚無僧と呼ばれる巡礼僧に親しまれた楽器である。これ らの奏者に対する解釈のひとつが「虚無の僧」、すなわち、顔を見せず、自我を慎めた僧である。

十七世紀の江戸時代初期、宗教的な局面を失うことなく、純粋に音楽に向けて尺八を活用する琴 古流が創始された。

 

 

侍僧、黒沢琴古がこの流派の創始者である。黒沢は日本中を渡り、さまざまな禅寺を訪ね、曲を 収集した。この記録から楽譜になった最初の記述があった。それとともに、尺八に向けた

古典曲で ある「本曲」が生みだされ、合わせて全 36 の独奏曲になる。

 

Hifumi Hachigaeshi no Shirabe 一二三鉢返の調

Taki-ochi no Kyoku (Taki-otoshi no Kyoku) 瀧落の曲

Akita Sugagaki 秋田菅垣

Koro Sugagaki 転菅垣

Kyūshū Reibo 九州鈴慕

Shizu no Kyoku 志図の曲

Kyō Reibo 京鈴慕

Mukaiji Reibo 霧海箎

Kokū Reibo 虚空

a) Kokū Kaete (Ikkan-ryū) 虚空替手 (一関流)

b) Banshikichō 盤渉調

Shin Kyorei 真虚霊

Kinsan Kyorei 琴三虚霊

Yoshiya Reibo 吉野鈴慕

Yūgure no Kyoku 夕暮の曲

Sakai Jishi 栄獅子

Uchikae Kyorei 打替虚霊

Igusa Reibo 葦草鈴慕

Izu Reibo 伊豆鈴慕

Reibo Nagashi 鈴慕流

Sōkaku Reibo 巣鶴鈴慕

Sanya Sugagaki 三谷菅垣

Shimotsuke Kyorei 下野虚霊

Meguro-jishi 目黒獅子

Ginryū Kokū 吟龍虚空

Sayama Sugagaki 佐山菅垣

Sagari Ha no Kyoku 下り葉の曲

Namima Reibo 波間鈴慕

Shika no Tōne 鹿の遠音

Hōshōsu 鳳将雛

Akebono no Shirabe 曙の調

Akebono Sugagaki 曙菅垣

Ashi no Shirabe 芦の調

Kotoji no Kyoku 琴柱の曲

Kinuta Sugomori 砧巣籠

Tsuki no Kyoku 月の曲

Kotobuki no Shirabe 寿の調

 

 

約 100 年前に尺八の新たな流派、都山流が創始された。尺八の奏法は異なり、都山流では第 5

孔をより低い位置に置くなど尺八自体の構造も異なる。

このより現代的な流派は伝統音楽のほか、、2008 年には CD、「琴古流尺八 徳丸十盟」(財 団法人ビクター伝統文化振興財団)と尺八のレパートリーを広めることに貢献した。都山流 の巨匠、山本邦山は 1970 年代に尺八でジャズを演奏する LP を発表した。アメリカと日 本で発売されたこの LP はフュージョンとしての目新しさのほか、尺八を海外で広めるこ とにも貢献した。

 

徳丸十盟

 

徳丸十盟師は幼少より父親に琴古流尺八の手ほどきを受ける。東京芸術大学を卒業後、尺八専 攻の修士課程を修了。学生の頃、人間国宝、故 山口五郎師に師事。既にヨーロッパ、アメリカ、 ロシア、インド、アフリカなど様々な国で尺八公演を行っている。

また、東京芸術大学教授として音楽学部邦楽科尺八専攻で若手の育成にも力を入れている。 2007 年には文部科学省の第 58 回芸術選奨賞を受賞。また著書「幽玄なる響き : 山口五郎の 尺八と生涯」(芸術出版社)で江戸川区文化奨励賞を受賞。琴古流尺八雅道会主宰。

山口五郎師の直門であり、本曲、すなわち、尺八のための古典本曲の専門家である。ま た、日本の竹盟社の一員である。このような背景で本プロジェクトでは本曲のレパートリ

ーの内、二曲が紹介される。本曲の第 1 番目の曲、「一二三鉢返調」と、山口五郎師によ り収録され、演奏の難易度が高い楽曲「巣鶴鈴慕」を演奏する。この曲は 1977 年 8 月 20 日に発射されたボイジャー2 号で宇宙空間を旅している。

 

 

「お城から音楽を」プロジェクトで徳丸十盟の演奏をご覧ください

 

 

「お城から音楽を」